家造り・注文住宅の設計事務所 ARC建築設計工房




家づくりのドラマ 




ご覧下さい


take1 
     
take2
    
take3
アドバイス
今のお住まいでお困りの事は
ありませんか?
 現在お住まいの家の耐震診断
  行います
   HP上でも簡単耐震診断→こちら
 ペットとの快適な生活をご提案
家づくりを始める方のための
基礎講座
  ■家を建てるにあたっての 
  基本知識 
 ■資金計画はどのように
  たてれば?
 ■土地を探すにあたって
  注意したいこと
 ■地震に強い家ってどんな家?
 ■シックハウス対策は?
  健康に暮らせる家
 ■省エネを上手に取り入れよう
 ■ペットと楽しく暮らしたい
設計事務所と家を建てよう
 ■設計業務の流れ
 ■設計監理料
 ■分離発注
 ■土地相談
ニュース
 ■ARC住まいづくりセミナー
  相談会を掲載しました
 ■梅田淳さんとの対談記事紹介
 ■現場日記(ブログメニュー)
ブログ
 ■農夫的建築士のひとり言
 ■西中島便り
 ■ Working Now
 ■ 四人会ブログ
プロフィール
 ■事務所概要
 ■プロフィール
 ■掲載記事
 ■建築へのこだわり
  ■ご希望の方に当社のパンフレットを
     送付致します
TOP>ARC建築設計工房の家づくりのシステム
ARC建築設計工房が御提案する家づくり

(1) ARC建築設計工房では
     
      建築士は建築主のパートナーとして建築主の立場に立って
 
       設計及設計監理業務を行います。 




























家を建てるにあたっては、まず、設計業務が先行しますね。

ですから、設計事務所で家を建てると決めたら、設計事務所と

業務委託契約 (設計及び設計監理の契約)を結んでい頂く

ことになります。

設計業務とは、文字通り家の設計に係わる業務のことです。

   プラン作成

   建築確認申請業務

   実施図作成

   見積書作成 等々・・・

工事ができる状態になるまでの業務ですね。

そして、設計監理業務というのは、

工事が始まったら、工事が設計図書通りに行われているか

監理する業務です。

つまり、設計事務所は、建築主と設計監理契約を結ぶことにより、

建築主の代理人として、第三者的立場をとって工事が監理できるのです。


多くの住宅会社さんの中の建築士である場合、利害関係が既に発生

しているので (設計料はそこから支払われているので) 

第三者的立場
で設計及び設計監理を行う事は難しいと言えます。

当社では、直接建築主様との設計委託契約を取り交わすことにより、

建築主様とのパートナーとして、第三者的立場をとり、設計及び

設計監理を責任をもって行っております。

    
設計業務の流れについてはこちら    


                        
           ARC建築設計工房が薦める家づくりのシステムTOPへ戻る

           詳しくお知りになりたい方は土曜日、日曜日に
              家づくり説明会を開催しております(予約制)
              お問い合わせ下さい
   お問い合わせフォーム
        サイトマップ       ■個人情報保護方針       ■問い合わせ       ■リンク